10年、20年という区切りに、あるいは大きな節目となるような時、それにふさわしい記録を残そうと、記念誌や社史、団体史がつくられています。何から始めたら良いのか分からないという方は、是非一度ご相談ください。企画段階からお客様と相談しながら最高の1冊を作り上げていきます。

 

記念誌・アルバムの制作例

記念誌 北信越大学バスケットボール連盟●創立50周年記念誌

著者:北信越大学バスケットボール連盟
発行:2016年5月1日
(非売品)

北信越大学バスケットボール連盟の創立以来50年の歴史をまとめた記念誌。寄稿のほか、活動の記録や現在のチーム紹介、思い出の写真などを掲載している。


記念誌 金沢市民生協会史●社会福祉法人金沢市民生協会史

著者:社会福祉法人金沢市民生協会
発行:2016年3月10日
(非売品)

社会福祉法人金沢市民生協会の80年以上にわたる歴史をまとめた。A4判210ページ。当時の貴重な資料や記録なども数多く収録している。


記念誌 粟崎善隣館●粟崎善隣館創立七十周年記念誌

著者:社会福祉法人粟崎善隣館
発行:2013年10月1日
(非売品)

金沢市粟崎善隣館の創立70周年の記念にと編集された。A4判185ページ。当時の貴重な資料や記録も数多く収録している。70周年記念式典の様子もカラーで紹介されている。


記念誌 森山善隣館と浦上太吉郎●森山善隣館と浦上太吉郎

著者:社会福祉法人森山善隣館
発行:2012年5月10日
(非売品)

金沢市森山善隣館の初代館長、浦上太吉郎の業績をまとめた作品。創立70周年の記念にと編集された。困窮する人達を救 おうと森山善隣館の創設のために奔走した浦上太吉郎の、今まであまり知られることのなかった功績が明らかにされている。約300ページのボリュームで、金沢の福祉の歴史を知る上でも価値ある作品となった。


記念誌 ふるさと上田の歩み●ふるさと上田の歩み
(能登・上田区誌)

著者:上田区
発行:2009年3月
(非売品)

石川県羽咋郡宝達志水町、上田区の歴史をまとめた作品。長く残り受け継がれていくものにしたいという願いが込められている。上田区に残されていた貴重な資料や古文書をもとに、施設、寺社、人物、農事、民俗などについて詳しく記述されている。


記念誌 千坂ファイターズのあゆみ●千坂ファイターズのあゆみ

著者:20周年記念誌編集委員会
発行:2003年2月9日
(非売品)

石川少年野球の名門チーム”千坂ファイターズ”。その創部から20年の歴史をまとめた本書には、1勝すらなかなかできな かった辛い時期や、最上級生が3人しかいなかった頃のこと、また、大会出場の度に優勝旗をさらった黄金期の思い出など、幾多のドラマがちりばめられている。