●製本の種類
ハードカバー(上製本)
表紙に使う紙や布ををボール紙に張り、糸かがりや接着剤で本文を綴じる製本方法です。丈夫で高級感があります。
表紙部分は中身より3ミリほど大きくなります

ソフトカバー(並製本)
本文で使用している紙より厚い紙を表紙として使用し、接着剤で本文を綴じる製本方法です。表紙と本文は同じサイズに仕上がります。
ハードカバー(上製本)とくらべ手軽で安価な製本方法です。
近年はソフトカバーの比率が高くなっています。

 

●本の部分の名称

●よく使われる本のサイズ

判型 寸法mm 本の種類
B4判 257×364mm 大きな画集・グラフ雑誌 など
A4判 210×297mm 写真集・絵本・文集・記念誌・報告書・テキスト・業務用印刷物 など
B5判 182×257mm 文集・記念誌・テキスト など
A5判 148×210mm 自分史・学術書・句集・歌集・詩集・エッセイ集・専門書・教科書 など
B6判 128×182mm 自分史・小説・句集・歌集・詩集・エッセイ集 など
A6判 105×148mm 文庫本
四六判 127×188mm 単行本 など
AB判 210×257mm 大き目の雑誌 など
新書判 103×182mm 新書本・漫画の単行本 など
その他 変形 写真集・絵本・作品集 など

●本の構成

前づけ 書籍の中身の最初のページ。主に書籍名、著者名、出版社名を記します。
表紙絵に模倣する場合や、本文との区別のため、紙を厚くする場合が多いです。
口 絵 本文に関連する写真や挿絵をまとめたページ。カラーページの場合が多い。
本文の紙より厚くして本文と区別します。
献 辞 著者の周囲の人に対する謝意や敬意が書かれるページです。
序 文 書籍を書くにあたっての動機や、主旨を記します。端書き。前書きとも言います。
凡 例 著者、編集者からの、本文中の約束事や略語や記号などの説明がはいります。
本文 目 次 篇、章、節などの見出しとその掲載ページをまとめてあるページ。
図版目次 本文中の挿し絵・図版・写真などの目次です。専門書籍などで使われます。
中 扉 本文中の篇、章、部などの最初のページ(標題)になるところです。
本文を一端区切る目的で使用され、本扉とも言われます。
本 文 見出し、文章、注釈などで構成される、書籍の本体です。
一般的に前付け、後付け部分は含まれません。
後づけ 付 録 本文と関連がある資料や参考文献などをまとめたページです。
索 引 本文中の重要な語句などを検索しやすくまとめたページです。
割愛されることもあります。
あとがき 著者の書き上げた上での感想を記します。
奥 付 主に書籍名、著者名、発行者名(出版会社)、印刷所名、製本社名、ISBN、発行年月日、版数、定価、著作権表記などを記載したページです。